ふたりらしさを大切に!挙式のみの結婚式の特徴とは?

披露宴を行わない結婚式

最近の結婚式では、大勢を招いての披露宴を行わず、挙式のみの結婚式を行うカップルが増えています。挙式のみの場合は、家族や親族等の身内や特別親しい友人だけを呼んでシンプルに行うのが特徴です。挙式のみの結婚式が選ばれる理由には、堅苦しい形にはまった披露宴に戸惑いを感じるといった場合や、予算や準備期間のことを考えて選ぶという場合が多いのです。結婚式は人生の大イベントですので、自分たちらしさを大切にしたいですよね。

短い準備期間でも挙式が可能

挙式のみの結婚式の特徴として、事前にやっておかなければならないことが比較的少なくなりますので、準備の期間を短くすることができるという点があります。結婚式場にもよりますが、2週間程度で挙式できる場合もあるのです。これくらいの期間で大丈夫ならば、急な結婚式でも安心ですよね。最近は披露宴を行わない挙式のみの結婚式も一般的になってきていますので、式場スタッフとの打ち合わせもスムーズにできるようになっています。

本当に必要なことだけに費用を使える

挙式のみの結婚式は費用を抑えることができるのも特徴です。挙式と披露宴の両方を行う場合、披露宴の方でお料理や会場演出などいろいろな費用がかかることになります。挙式のみの場合は披露宴の費用が不要となりますので、その他のこだわりたいところに予算を使うことができるのです。例えばウェディングドレスにとことんこだわってみたり、新婚旅行に予算を使ってみたり、夢が膨らみますよね。ただ、挙式が終わってすぐに解散となると、すぐに終わってしまいますので、身内の人や親しい友人を誘うときは、披露宴の代わりに食事会などを開くのがおすすめです。

結婚式というと費用や人数、人選に悩んでしまいます。結婚式なら親族のみの参加でしたら、リラックスした気分で式を挙げることができます。