子供の集合写真のプリントは一枚だけでは足りません

子供が小さなうちは家族で写す機会が多いのです

子供が生まれると家族で集合し写真を写す機会が多くなります。まず初節句に始まり、3歳の七五三は子供を挟んで神社前で写します。そうして小学校に入学する時は学校の校門前のショットです。入学をお祝いして、みんなで正装し写真館でプロに写してもらう家庭もあります。写真館では、入学記念や期日なども入れてもらいます。子供が元気に学校に行けることになった証なのです。二人目の子供が生まれると、一年に写す機会も増えることになります。

記念写真は写真館で写してもらいます

写真館に出かけて、家族で写す機会は結構あるものです。毎年お正月に写す家族もおり、今年も家族全員が健康で過ごすことができますように、という意味も込められています。一年ごとに写すのはお金もかかりますし、枚数も増えるので整理が大変ですが、家族のよい記録写真にもなります。毎年写すことがなくても、子供の二十歳の時などの記念に、みんなで写す家庭は多くおります。家庭で写すスナップ写真ではないので、人数分をプリントしてもらわなければ、後で分配ができないので気を付けることです。

集合写真は子供のアルバムにも必要

子供を含めての家族集合写真は、あらかじめ人数分をプリントしておく必要があります。子供が小さなうちは良いのですが、いずれは家を出ていくのが子供なのです。アルバムというのは家族の絆が写っているもので、家族にしかわかりませんが、貴重な記録でもあります。集合した写真が一枚しかなければ、親のアルバムだけに張られるだけで、子供のアルバムにはありません。子供が二人三人ともなれば、写っている人数分がなければ、それぞれのアルバムに整理できないのです。

スクールフォトは、運用サイトと学校と写真店が提携し、保護者が学校行事やイベントの写真を購入できるものです。注文や決済も簡単です。