ついに婚約!婚約指輪の費用はどれぐらいかかる?

婚約指輪が給料3ヶ月分といわれるのはなぜ?

昔から結婚指輪はいくらぐらいのものを買えばよいかというときに、給料3ヶ月分の指輪を買うと良いという話があります。何となく聞いたことがありますよね。これは、昔の宝飾品を販売している会社が、結婚指輪を売り出すときの広告のキャッチフレーズとして使った言い回しが元になっています。当時の日本円と外国のお金との為替のレートの関係から、ダイヤモンドのリングを買うと日本人の一般的な給料の3ヶ月分ぐらいになることが多かったため、このようなキャッチフレーズが作られたという背景があるのです。

実際の婚約指輪の相場はどれぐらい?

婚約指輪にかける予算は人によって様々ですが、現代の日本では給料3ヶ月分をかける人はどちらかと言うと少数派だと考えられます。というのも、婚約指輪の予算の平均的な相場としては、20万円から30万円程度という情報が多いのです。給料3ヶ月分ならば、60万円から90万円ということになりますよね。実際は 給料1ヶ月分から1.5ヶ月分ぐらいが平均ということになります。これは、日本で宝石や貴金属などがや昔と比べてたくさん流通するようになったということも関係しているでしょう。

結婚指輪とセットで購入するカップルも

ただ、最近では婚約指輪と結婚指輪をセットで購入する人たちも増えています。2つの指輪を重ねて身につけることができますので、豪華な雰囲気になると人気が出ています。その他にも、婚約指輪を渡さずに、その分の予算を結婚指輪に配分して、より高級な結婚指輪を購入するという選択もあります。こうしなければならないという決まったルールはありませんので、自分たちらしく納得のいく指輪を選びたいですよね。平均予算にあまりとらわれず、本当によいと思えるものを選びましょう。

婚約指輪といえば台座の上でダイヤが燦然と輝く指輪を思い浮かべますが、最近人気があるのは結婚指輪と重ねてつけても違和感のない控えめなデザインのものです。